プロフィール

一級建築事務所 長田慶太建築要素

一級建築事務所 長田慶太建築要素 ホームページへ
一級建築事務所 長田慶太建築要素 facebookページへ
今年に入って、本当によくおいしいごはんをいただいてます。

素敵なお宅にお邪魔して、
お手製十割そばをいただき、
鴨鍋をいただき、
釣った鯛のお料理をいただき、
まったり暖炉でピザ。
そして美味しい日本酒。
獺祭と船中八策とスパークリングワイン。。。


かと思ったら、
千萬にて。豪華な打ち上げ。
ワイン、ビール、スパークリング、ワイン、ラム酒ハイボール。。。あと、calvados林檎のお酒。。。


 事務所で、節分に丸一倉庫の恵方巻き。
原ヲビヤ園茶舗で買った「友白髪」で。

そして、そして、新年会は。。。。。。
Roofwide,Mokki(fuke studio),長田慶太建築要素 で。
東かがわ市まで車でブイーッと行ってきました。
グラノーラで有名な「寧日」さんがレストランをオープンされるらしく。
プレオープンにお呼ばれしました。




最初から最後まで、野菜が美味しい。
いろんな種類の野菜、キノコ、ナッツたち。
そして、素材のおいしさ。食感もサクサク、ふわふわ。
人参の葉っぱがこんなにおいしいとは。
驚きの連続です。
お酒も進みます。

美味しいお酒と楽しい会話はごはんがさらに美味しくなる気がします。
美味しいごはんは毎日を豊かにする気がします。
(日頃の料理も、、、頑張らねば。)

私もいつかは自分で設計したであろうキッチンで美味しいホカホカなごはんを
悩んで選んだであろうダイニングテーブルとイスで
家族や友達とワイワイ食べたいな、と物思いにふけりました。

ウチノ



連休は弟が実家から遊びにきていました。
そして、やっぱり、お決まりの。
汐さぎ!庵
間違いなく、美味しい。幸せな時間でした。
帰り際にたまたま花火。
弟となんだかラッキーだね。と話しながら帰りました。




失礼ながら今更。遅いです
明けましておめでとうございます。

ってことになります。

戌年なんですね。



本年は、近々というか近年、ほぼお休みしていた、私自身が「書く」ことを、再度もう少し積極的になっていこうと思っています。色々「個人的」な見解、思うモノ起きたコトを、進行中プロジェクト等を交えながらゆっくり書いてみようと思っております。

そして本年を乗り切ると、「長田慶太建築要素」も15周年を迎える事になります。皆さんのお力添えがもちろんあっての事ですが、一瞬一瞬の判断の連続その繰り返しをそれ相応に繋いでこれたのだろうとも、感じてもいるわけです。

そこで、
再度、立ち返って「建築要素」ってなんだ、と思ってみる。
そして14年程前に書いたある記事を再度見返す

「建築要素」とは、 
「お施主様から、法規制、土地・土、予算、施工会社、現場監督、一つの現場で100人以上にもなろう一人一人の職人、施された部材・仕上、そして、運用され利用する人たち、また、時間経過や場所・外部環境をも含めた一つ一つの状況や出会いのすべてを総称したもの
 それぞれが重要な構成要素であると同時に、設計行為とは逆にその一つでしかないという意。
 

設計には、複雑かつ多様な状況が存在ていて。故に、それらすべてにずっと関与できるわけでもなく、そして、それらすべてのプロでもないのも現実であって、いわば結局、要素の一つでしかないということ。それら全ては自ずと、いい意味でも悪い意味でも、相互に関係しあいます。もし、それらが緩やかにそして自然に関係・連動することが出来ればそれぞれがよりよく活きていくのではないかという方法論へのアプローチ。そのために必要な方向性へそれらを、緩やかでいい、ぼんやりとでもいい、お施主様や現場に対しても、提示できること。私のすべきことは、ただただ、そういうことなのではないかと考えています。
その積み重ねが、この先、結果として、私にしか出来ないキリリとしたもの・かたちになっていけばと考えています。」
  


長田慶太(28


・・・・だそうです。。。。!?
そして、再度この機にもう一度加筆してみよう。。。と思い書き出したが。


あれれ…な感じです。
あまり変わっていない。。。
いいことなのかつまらないことなのか
そこもよく分からない

ただ、変わらず今も続いている。肩の力は少し抜けたかな

先日、建築雑誌にインゴルド著の一節が引用されていた。建築は「コンセプトが結晶化した所産」ではなく、「不完全に統合された部分の寄せ集め」と書かれている。案に建築性という、皆が守ろうとしている大きなストーリーや筋道は否定されているのだろうがただ、皆が職の積み重ねの中で気付いている事でもあってそう思えばこその、逆説もあって、だからこその慎重さや丁寧さがあるのだと思い直す。

分かり辛いの、分かってるんですがこれも建築要素なのだろう。

そこで唐突ですが15周年を迎えるこの年に社名を変えてみたいと思い立ちました。
ロゴも変更していきますデザインは今からですが


現在:
長田慶太建築要素  Keita Nagata architectural element


そしてこれ
長田慶太建築要素  
K.Nagata & Architelements 


一見、告知のわりには、何が変わったの?的ですが…
その上、日本にお住まいの皆様には何も関係ありません

ここには、英字の中にその時ここには居なかった所員達を意味合いに加えたこと。
元々造語に近かったのですが再度、建築要素を単称として定義しなおしました。
そしてその上、戌年なのですが「ワン」ではなく、ちゃんと複数形としたこと 
…という多少無理ある…戌年の話と共に………

今年も、これからも、長田慶太 共々 建築要素を宜しくお願い致します。
現在、皆様のお力添えもあり、
ありがたいことにたくさんのプロジェクトに恵まれました。
「長田慶太建築要素」では、設計監理の補佐・及び・企画提案のできる人材を募集します。
男性・設計経験者・資格者を優遇させて頂きます。
-----------------------------------------
男女・年齢不問。
経験者・資格者優遇。
試用期間有(3ヵ月)
基本給 +交通費 (相談)
       +住宅手当 (2万円)
       +資格手当 (・1級建築士:2万円・ 2級建築士:1万円)
       +子供手当 (1人:2万円)
       +長期就労手当 (毎月 3年、5年、7年ごとに5千円プラス)
       臨時手当
       +担当物件手当有
       +社内コンペ賞与等手当有

詳しい給与詳細・保険等については、職安にてお問い合わせください。
さらに詳細は面接にて。
-----------------------------------------
興味のある方は、
HP内Mailもしくは電話:087-834-3489 (担当:永島)
または職安にお問い合わせください。
-----------------------------------------

こんにちは、永島です。
私は昨年11月に入所し、ちょうど1年を向かえ、私なりにこの1年間で感じたことを
ご紹介したいと思います。
もともと別の設計事務所に勤めていましたが、自分への挑戦として、応募することを
決めました。
入所に対する期待の中、多少の経験はあるものの、アトリエ事務所はきついだろうな・・・
自分に務まるかな・・・不安な気持ちを持っていました。
しかし、いざ入ってみると驚きの連続でした。
「長田慶太建築要素」では、1物件ごとにスタッフ全員で敷地調査からはじまり、
社内コンペを実施しています。
スタッフひとりひとりの考えを表現することができ、採用されることもあります。
所長独断で決めていくわけではなく、ちゃんと意見できたり、任せてくれたりする環境があり、
ともにつくっていくことへのやりがい、楽しさ、喜びを感じることができます。
また、事務所を取り巻く業種を問わない多くの方々との素敵な出会いを通し、
日々充実の中、人としての成長を感じることができます。
「長田慶太建築要素」だからこそ、経験できる物事、気づきがあります。
もちろん、無理すること、苦しいこともありますが、それは義務ではなく想いがあるからで、
チャレンジする気持ちがあれば、向き合い、協力してくれる心強い仲間がいます。
あっという間の1年でしたが、所長、先輩スタッフ、多くの関係者の方々とはもっと長い
時間を過ごしてきたんじゃないかと思わせてくれています。
1度きりの人生の中で、良かったと思える仕事をする大切さを知ることができ、
「長田慶太建築要素」の一員としての誇りを持つことができました。
そしてこれからも新たな挑戦を向かえることでしょう。
ともに挑戦いただける方をスタッフ一同(+猫)お待ちしております。




新プロジェクト、浜ノ町にて、現地調査を行いました!
瀬戸内海、漁港、船、そしてカモメ・・・ゆったりとしたこの場の空気・・・
この場所の特性を読み解きながら、新たに模索がはじまります!
 計画地の目の前が漁港になっていて、この先に瀬戸内海が広がります。
浜ノ町だからこその特別な風景があります。
 堤防先のカモメと会話しています。
 タケマサ
Roofwide「海辺の映画会」のお疲れ様会がmokkiにて開催されました
海辺の映画会も素敵でしたが、今回のお疲れ様会のプレミアム感はんぱなかったです!

 まず、
事務所2Fのmokkiにて19時半よりstart!
色々な裏方さんが集まっての、お疲れ様会です。

なんといっても、今回のスペシャル感は!!
◎fuji curry
◎Tani 焼き
◎寧日 coffee


▲ 欧風スパイスカリー(牛肉ザブトン入り)
小麦粉、砂糖、バター不使用のカレー。だからか、味もしっかり、スパイシーなのに、まったく脂っこくなくて、何杯でも食べれます。また、ただ辛いだけじゃない、スパイシーな辛さが癖になる。。。
15種類のスパイスからRoofwide藤川さんがオリジナルブレンドしたカレーです!!!
▲グリーンカリー(チキン入り)
藤川さん特製のグリーンカレーペースト。もちろんオリジナル。
ココナッツミルクたっぷりの欧風スパイスカリーと全く違う、エスニックさ!これまた、クリーミーでおいしいんです。。。また食べたい。。。

▲Retro パンにカレーをつけて。。。

▲Tani焼き
 Tani氏によるこれまたオリジナルお好み焼きと焼きそばの数々。。。


そして食後には寧日さんの入れてくれたコーヒー。。。。
峰山で、仲のいい人たちが集まって、ワイワイとお酒を飲みながら、ゆっくりと時間が流れる。。。
とても良い一日でした。

ウチノ
灰皿が欲しくて、100円ショップにいった。
いい灰皿が無かったけど…こんなの見つけた。
USアーミー、ドラム缶、型缶。


夏、扇風機が欲しくて、ホームセンターに行った。
いいのが無かったけど…こんなの見つけた。
レトロ風。


なんか、おしい。。。な。
で・・・塗る。
で・・・こうしてみた。









・・・・・・・・・・工程が気になる方は・・・方のみ・・・続きをどーぞ。

▼錆びたドラム缶への道。
まず、灰皿なんで・・・穴がいる。

ドリルで穴開け…錆びた風。
手芸センターで買ってきた、ハトメリングを取り付ける。注ぎ口風。
ラッカースプレーで下地色を塗る。ここでのクオリティが大切。

クリアスプレーを吹きつつ… ヘアスプレーして…おいしそな程度に、塩をふる。。。

ここからは。
乾いた後、 水性で基本色を塗る…今回は、蓋部分をシルバー、円柱部分を白。
そして、水で 洗いながら…下層にある塩とヘアスプレーを溶かす…そんで、歯ブラシで擦る擦る擦る、すると、表面が削れ、下地色がうっすら出てくる。

そんで、ちょっと汚したら・・・ ・・・終了・・・

インテリア的に良いか悪いかの議論は、ぬきにして…そこそこ気に入ってる…長田








JIA建築家2017四国
阿波踊りの国
とくしま大会 
そのイベント内 9/29(金)
福山市を拠点にインターローカルな活動を展開し、全国的、世界的に注目を浴びる
建築家・前田圭介氏を迎え、「まちづくりと土着」について議論するバートークがあり
今回、特別にご招待いただき、参加させていただきました。
全国から集まった建築家たちが集まり、食べたり、飲んだり・・・
まちづくりという非常にスケールの大きいプロジェクトの苦労話がメインとなる
裏話をまじえたおもしろ話をいろいろ聞くことができました。
午前1時 バートーク終了
近くのおいしい徳島ラーメンを食べに行くことになりました。
我らが長田慶太 始動
 長田慶太と前田圭介の熱い建築談義がはじまりました。
仕事の考え、事務所の考え、スタッフに対する考え・・・
前田圭介氏の非常にストイックな一面を伺えることができ
それがゆえに、できる仕事、 今の姿があるのだなと・・・
前田氏を囲み、徳島ラーメンを食べながら建築の話をする
非常に有意義な時間を過ごせました。
午前3時すぎ、ホテルにつき、その日は終了となりました。
翌日、徳島探訪
徳島探訪の最後に
建築家であり、家具デザイナーでもある小泉誠氏が手掛けられた
「テーブル工房kiki」を訪れました。
魅力的な小物からテーブル・椅子、そして建物を小泉氏が手掛けられており
つい長居してしまいました。
徳島での2日間、なかなかないこういった経験を今後も積み重ね
成長していきたいと感じました。
タケマサ
| | 次のページへ

ページの先頭へ