プロフィール

一級建築事務所 長田慶太建築要素

一級建築事務所 長田慶太建築要素 ホームページへ
一級建築事務所 長田慶太建築要素 facebookページへ
高松の、峰山のてっぺんのイタリアン「hiruno」
自然に囲まれ、風が抜け、木陰がゆらゆら。
職人さんの休憩時間もみんなまったり。
ここでのゆったり時間でのランチが今から楽しみです。
現場も終盤です。



お施主さんに「手伝いましょうか?」と声をかけていただき。
思わず、「宜しくお願いします!」と答えてしまい。
手伝っていただきました。
(すみません)

主役ではないけど、とてもとても大事な要素。
手間がかかった分だけ、なんだか可愛く見えます。
この寸法。このグリッド。この傷。すべてに意味があります。
こいつがどう取り付くか。。。むふふ。
取り付けた写真は後日facebookで。

ウチノ
現在、皆様のお力添えもあり、
ありがたいことにたくさんのプロジェクトに恵まれました。
「長田慶太建築要素」では、設計監理の補佐・及び・企画提案のできる人材を募集します。

男性・設計経験者・資格者を優遇させて頂きます。
-----------------------------------------
男女・年齢不問。
経験者・資格者優遇。
試用期間有(3ヵ月)
基本給 +交通費 (相談)
       +住宅手当 (2万円)
       +資格手当 (・1級建築士:2万円・ 2級建築士:1万円)
       +子供手当 (1人:2万円)
       +長期就労手当 (毎月 3年、5年、7年ごとに5千円プラス)
       臨時手当
       +担当物件手当有
       +社内コンペ賞与等手当有

詳しい給与詳細・保険等については、職安にてお問い合わせください。
さらに詳細は面接にて。
-----------------------------------------
興味のある方は、
HP内Mailもしくは電話:087-834-3489 (担当:永島)
または職安にお問い合わせください。
-----------------------------------------

「御料理 そごう」
本日引渡しを終え、いよいよ明日オープンとなります。

当事務所としては久しぶりの内装・店舗デザインとなりました。
店舗の現場はたいへんですねw。
お施主様を含め…
関わって頂いた様々な人々…事柄に助けられ、ようやく…この日を迎える事が出来ました。



街の穴を抜けて、離れた場所に辿り着く…そんな街の中の新たな層となりました。既存躯体がみせる無垢な表情と、その中で起こる新旧・内と外の引っ張り合いが徐々に喧噪との距離を作り出してくれます。


カウンター席12席のみの大きくはないお店ですが…
皆様おいしいお料理がお待ちです。ぜひ足をお運びくださいませ。

長田

--------------------------------------------
 「御料理そごう」
高松市瓦町 トキ新内カドゲン隣 2F
087-837-3303
定休日:日・祝


内装設計・監理:長田慶太建築要素
施工管理:合同会社アールスタイル・川西雅登

設備工事:三村電気水道
大工工事:Tアクア工業・谷本浩章
家具建具工事:シティング
塗装工事:北口塗装
石工事:石材商 太田屋・太田憲邦

厨房機器:ホシザキ
ガス工事:和田プロパン
照明:ライズライティング

解体工事:サニーデイズ

●皿庭工事
苔の地:中西珍松園・中西陽一
鉄の器:槙塚鉄工所・槙塚登…3Dモデリング:カワニシノリユキ
滴の枝:後藤設備工業

楽しくも……古い言い方ですが…ダイナミックでエネルギッシュw…な現場でした。
皆様ありがとうございました。感謝。
峰山で。
いろんな縁が集まって。

店舗改装です。


詳細は後程。
乞うご期待。


事務所に子猫がきました。
誰の子になるのかな。
かじことこねこ。
ビミョウなキョリカン。。。




ウチノ
峰山も桜のシーズンが終わり、山の緑が色鮮やかになってきました。
所長がビオトープを掃除して、NEWメダカが投入されると
春も終わりだな、夏が来るな、、、と思ってしまいます。
また、ビオトープについては後日アップします。

事務所は現在、着工した物件が
店舗が2件、住宅2件、店舗併用住宅1件と現場づくしです。
他のプロジェクトも、県外のものもあり、ちょっとした小旅行のようになっています。
先日も、県外で納骨堂のプロジェクトがスタートしました。
ぐりんどのように、今ある斜面地を利用して納骨堂が埋まっており、垂木の連続した庇が斜面から顔を出しています。昔からある風景を引き継ぎながら、新しい、地元に愛される寺院の玄関口としての建築になるように。。。
そして、ごはんもしっかり食べました。
半田そうめんの釜揚げと阿波尾鶏の鉄板焼きです!
美味でした。。。
 そして、こんな素敵なホテルが琴南にできているーー!!!
里山の別荘。。。
贅沢ですね。
星が綺麗そうですね。。。
蛍も見れそう。。。
いいな。。行きたいな。。。

ウチノ


今日から、屋島の現場では、高松市埋蔵文化財センターの立ち会いのもと、基礎の掘削が始まりました。
午前中は、曇りだったのですが、午後から雨が降り出しました。
また、天気と相談しながら、安全に作業を進めていきます。
こちらも進捗状況を、その都度、ブログにUPしていきたいと思います。
それでは、お施主様、現場監督様始め、この現場に携わる全ての皆様、どうぞよろしくお願い致します。
くまもと

先日、香川町にて美容室兼住宅の地鎮祭が行われました。
前日の雨がウソのように快晴で、とても清々しい初地鎮祭でした。
地縄張りも初めての経験でしたが、
今まで、紙で見ていた図面のスケールとはまた違って、とても新鮮な感覚でした。
緊張もしますが、それ以上に楽しみでもあります。
また、進捗状況アップしていきます!

ウチノ

先日閉幕した
「ジャパ・ネス」展(戦後の日本建築史を概観する)
会場:ポンピデューセンター・メッス(フランス)
会期:2017年9月9日~2018年1月8日

の記事…会場写真の中に「宮脇町ぐりんど」みっけ。

やり取りが、少し不安定めな日本語のメールだけだったので…ちゃんとあった事に…若干安堵。。。


美術手帖Web:
https://bijutsutecho.com/interview/8092/

ながた
長い なが~い時間を経て、ようやく上棟となりました。

20坪という小敷地の中に計画された、10坪ちょいの狭小住宅…平屋。
どうしても立ち上がる敷地いっぱいの建築を、近隣の塀のスケールにならいながら、高さを抑え、町並に薄く消えていくように…。
10坪というこの一つの住宅の単位でも、畳数に直すと20畳……それを最大限生かしながら…かつ、それぞれの部屋や人の関係の最大公約数を探すように寸法計画しました。
外観の小さなスケールと内部に広がるスケールの誤差を非常に新鮮に感じる事が出来ます…こうご期待w


…なのですが…



追記…
中の写真に映り込んでいる所員K…
…最近似てると話題の金メダリストの顔に置き換えてますが…会社のFBに出しても…似すぎたのか…合成が自然過ぎたか・・・・誰も反応ないので…ここで書いときます。。。。


長田

先日、住宅の上棟が行われ、型枠もはずれ、全体像がついに現れてきました。
この住宅は、昔ながらの低層の住宅街に建つ、10坪程度の平屋建てという狭小住宅となっています。さらに住宅街に大きなボリュームが突然に現れてしまうのを避けるため、周辺の塀の高さを参考に、できるだけ高さを抑え、街並みに溶け込む建物としています。
それでも室内に関しては、4人家族に増えても、しっかり生活できるよう、
また、狭小を狭小としてつくるのではなく、ものとの距離感、視覚的効果を考慮することで、実寸よりも、広く感じられる空間となっています。
今回、実際に室内に入ってみることで、それを体感することができました。
たけまさ
| | 次のページへ

ページの先頭へ