プロフィール

一級建築事務所 長田慶太建築要素

一級建築事務所 長田慶太建築要素 ホームページへ
一級建築事務所 長田慶太建築要素 facebookページへ
 先日の福山の現場日誌を少しだけ。
福山の現場も大詰めです。
外構工事が進んでおります。
この日は、お施主様と造園屋さんと一緒に植栽の打合せが行われました。
ファサードも木が植わると、また、違った印象になると思われます。
 内部は、家具、建具が取り付けられ、ぐっと住宅らしさが増しました。
床のタイルが貼られ、とても明るい印象のダイニングキッチンになりました。
あと、もう少し、がんばっていきましょう。
くまもと
少し年を重ねたからか・・・ここ何年か指先が乾く。

見積書や図面チェックが、紙をめくれない歯がゆさに若干飲み込まれ、集中できず、
ツバを付けてめくっていると・・・若干、陰でクレーム気味。

・・・という事で、
抵抗あったが・・・とうとう、ついに、
所員に買ってきてもらった「指サック」 。
VELOS - ドイツ製


ドイツ製だからか ・・・少しイメージと違う。
・・・ドイツでは違和感ないのか?

日本では、結果的には、やっぱりこうなる。

大仏小僧
? なんか、離れて見ると。。リアリティーあり

しかし、使用感・・・いい。

長田


御厩町の現場はついに2階壁と屋根スラブのコンクリート打設を迎えました。
少し涼しくなったこともあり作業効率は格段に上がっています。
コンクリート打設完了後、左官業者さんが仕上げていきます。
今回は躯体防水を採用しているため、直接仕上に影響する大切な作業です。
多くの職人さんの努力により無事上棟を迎えられ一安心です。
これからも作業は続きますが、今日は本当にお疲れ様でした。

アワタ
今回のシルバーウィーク前半は東京に遊びに行ってきました。
前々から見たい建物をピックアップして、準備万端!な状態で行きました。
それこそ、東京カテドラル、プラダ、上野周辺…などなど。
ですが、、、今回の旅行では全然予定に無かった建物が意外に良く、印象に残りました。

原宿教会(設計:アンリ・ゲイダン+金子文子)
原宿の細い通りを通っていたら、偶然に見つけ、入らせて頂きました。
建物の印象はスタイロをヒートカッターで切り抜いたみたい!!でした
建築模型を作るとき、一度はこういう遊びをしたはず…。
 
△スタイロとヒートカッター

西欧の教会のような厳かな、暗い空間に一筋の光、神様を感じる空間というよりは、
神様に包まれるような感覚だったり、優しい印象を感じました。
多分ですが、コンクリートの分厚いボリューム感や白い内装やうねる曲線がそういう印象を持たせるように思います。

東京カテドラルはどっちかというと前者の厳かな方。
SDレビューという建築設計の作品展を見に行ったのですが、
そこでも「教会」の要素が含まれているものが多かったように思います。
今思えば、今回の建築旅行は「教会」が多かったです。



建築旅行…というよりも、東京国立科学博物館に行くのを楽しみにしてた…かもしれません。
なんといっても…特別展の「深海」

 見てきました!ダイオウイカ!深海生物!
 もっと写真をのせたいところですが、思ったより写真だとグロテスク、気持ち悪い…だったので控えます。。。
今は断然、「ディズニーランド<東京国立科学博物館」です

御厩町の現場は型枠が一部外れました。
積み重ねてきたものが形として現れる瞬間は少し緊張します。
いい方向に進んでいるようでこれからが楽しみです。

アワタ
前のページへホーム次のページへ

ページの先頭へ