プロフィール

一級建築事務所 長田慶太建築要素

一級建築事務所 長田慶太建築要素 ホームページへ
一級建築事務所 長田慶太建築要素 facebookページへ
商店建築6月号に「汐さぎ!庵」が掲載されております。
撮影にご協力いただいた、お施主様、どうもありがとうございました。
今日、朝のおのみちの最後の散歩の時、ちょうど金環日食を見ました。
私も、すっかり忘れていたのですが、家を出て少し歩いたところで、日食メガネを片手に観察している人を発見。
一旦、家に戻り、カメラを持って、再度散歩に出ました。
ただ、私は、メガネも何も持っていなかったので、雲に隠れた瞬間しか見ることができませんでしたが、ちょうどリングになっているのが見れてよかったです。
くまもと
先週末、所長の愛犬おのみちが、我が家にお泊りにやって来ました。
私自身も数回程しか、おのみちと接したことがないので、若干の不安を抱えつつ、連れ帰りました。
しかし、おのみち、すごく賢い。
「待て」も「お座り」も「お手」もパーフェクト。
ただ、引っ張る力が強いので、散歩の時は、常に競歩状態です。たまに、走る。
散歩中に出会った子供に、「顔が怖い」と言われても、フンフンと近寄って行きます。
近所の人、会う人ごとに、「大きな犬を飼ったんやねぇ」と声をかけられつつ、無事に3日間が過ぎました。
散歩コース中に、にわか友達もできたようで、通る度に挨拶(?)をしていました。
おのみちの田舎に泊まろう体験も終わり、今日、所長宅にご帰還です。(←おのみち、うれしそう)
くまもと




世紀の大イベント、金環日食。
ほんとに綺麗・・・・


・・・に、見忘れた。

だから、写真もなし。寝坊でもなく・・・。

長田  何やってんだか。
生島町の現場では、鉄骨の建方が終わり、先週の日曜日に、棟上が行われました。
お施主様の手により、ゴールドのボルトが締められました。
そして、それを見守る子供たち。
一人ずつ、玉串を奉り、2礼2拍手1礼。
今回は、隅餅も投げました。
現場監督さんもナイスキャッチでした。
 この現場は、いつ来ても景色がよく、気持ちがいいです。
ここから、海を見ながら食事ができるお施主様ご家族がうらやましい限りです。
それでは、竣工に向けて、みんなでがんばっていきましょう。
くまもと
先日、もうすぐ着工「ROOFWIDE」増築・改修工事。
当所の初期物件。10周年を期に手直しと拡張を行います。

そのお施主様と・・・平日、半分拉致気味に・・・京都に行きました。

目的は、増築部分に置く、家具と照明の購入。
目的のメインはここ。
施主の好みは「ワグナー」に代表されるビンテージ家具 。


300平米にいっぱいです。
あーだこーだ、意見しながら・・・5点ほど購入されました。
個人的には、日々見ない家具の分野でしたので、様々なデザインの深みが心地いい。


しかし、結果・・・時間の大半を消費し・・・記憶にも鮮明に残るのは・・・・飯。

昼。
三条、三嶋亭。 明治6年創業。すき焼き。
夜は一人1万5千円。昼なんで・・・でも、5千円。

仲居さん?的な人が焼いてくれます。
うまいのはもう伝えなくてもいいだろうが・・・・。
注目は作り方。
関西風でもなさそうです。
まず、砂糖だけで少し焼く。油は引かず・・・肉から出るもののみ。


そして、最後に醤油・みりんは少し、酒を混ぜた割下です。
基本の「さしすせそ」だそうですが・・・。

醤油なんかの風味を先に足すと・・・甘みが入って行かないどす~。・・・らしい。


そして夜、
先斗町・・・「鳥彌三」 とりやさ。創業、天明8年。
有形文化財。
坂本竜馬も食いまくった。??


一人・一万5千円の・・・水炊き。
とんこつかと思うほどの白濁出汁。ものすごい鳥の風味。
米のとぎ汁を入れてるやら・・・入れてないやら・・・。

鶉の卵をといただけで飲ませてくれたり・・・
部位別で炊いては出してくれたり・・・
野菜がまた力ある。
雑炊がえらいことに・・・。


一つの出汁の持つ・・・この幅。
一つの主軸が持つ・・・だからこその、このバリエーション。

素敵な時間をもらえました。

夜の先斗町。

湿度感、体との距離感が素敵です。

 長田

いつも間にやら食の旅。    ・・・が2食で、酒もあって・・・3万円の恐怖の拉致。


 一つの行為が・・・基礎の違いだけで・・・こうも変化を内包できる。
 ということを再度見せて頂けたような感覚もある。が

ただ、逆説で
京都という街も、素敵ではあるが、・・・残念ながら日本。・・・アジア。
色や看板規制は、見受けられるが、
文化や歴史を積み重ねたモノの傍らには、合理的近代物が有ったり、
 空襲も受けてないこの街が・・・
こんなにも歴史と別の論理で変化を受け入れた・・・と言うか・・・見落としたというか。

 日本の「どこに行っても町並みが変わらない」独自性・・・。
同じことが今アジア全体でもおきている。アジア人の特性か。日本がそうさせたか・・・。
京都はそんな側面も見せてくれる。







 先日、打ち合わせ用のイスが、老朽化していたため、座面のアクリルが割れてしまいました。
打ち合わせの最中の出来事で、運悪くそのイスに座っていた人が、イスから落ちる(傍から見るとスローモーションのように見えましたが、おケガがなくてよかったです)という災難に見舞われてしまいました。
 もともと4脚あったのですが、2脚が壊れてしまったので、打ち合わせの際に、数が足りなくなり、新しいイスを購入することになりました。
打ち合わせスペースも普段は、通路として使っているため、折りたためなくてはいけません。
となると、けっこうデザインが限られてしまい、このアレッシィの折りたたみチェアが選ばれました。
折りたたんでいる時の佇まいもけっこうステキな感じです。
ただ、お値段もけっこうステキな感じなため、思わぬ出費となりました。
なので、座る時に、少しだけ緊張します。
体重が増えないように、気をつけないと・・・。
くまもと
誰にも頼まれていないが・・・最近の釣り、結果報告。


先日、友人と共に夜釣リベンジ。
 釣ったというか・・・付いて来た・・・奇跡の「なまこ」。  


だが・・・夜釣はオレはこれで終了。

友人(ちょいちょいBlogに登場のGSKのGSR)は、「巨大アナゴ」2匹、釣ってました。
キモイが・・・また、すし屋が絞める。


後日、
GW、長田一家と船で。豊島沿岸。      のんびりします。


20分あまりで、「アイナメ」「キス」「小フグ」。最近は全く釣れてなかったので・・・ようやくチョット釣れた事に、少し安堵させてもらえた。こいつらの、お人よし…に感謝。


帰って、
BBQでホイル焼き。


最後は
食べようと、持った途端。。。熱さで・・・落として・・・食べれませんでした。

長田


昨今・・・家犬「おのみち」にお腹の中に「虫」が居るんじゃないか?
という疑惑が・・・ただ、太り辛い、というだけで浮上し始めた。

・・・という事で、
「はすい動物病院」へ


結果は、なんてことありませんで・・・家庭内穏便。


春を迎えた「はすい動物病院」は、生き生きして見えた。
屋上緑化を纏うと、建築が季節と共に移り変わる。
木も既に屋根を抜け・・・空に向かって行きます。



竣工当所はか細かった看板も力が出てきました。
なんとなく嬉しい気持ちにさせてもらいました。



 ふと、思う。
「おのみち」・・・


「ハイエナ」に似てる、と、もっぱら言われるが、
この前、テレビみてて・・・これ。・・・

 エグザイル Matsu

長田


GW。
子供と嫁が帰郷のため、一人で過ごした3日間あり・・・。

そんな中、悲しいニュースが飛び込んできた。
BEASTIE BOYS - R、I、P MCA 死去・・・。


47歳。ガンだそうですが。

多感な頃、多大に影響を受けたのだろう事柄の一つ。
ジャンルも関係ないが、大げさでなく・・・今があるのも・・・なんて思える一人なのかも。
多彩なチャレンジ。
友と聞き・・・イベントで跳ね・・・ライブで見とれ。 多くの思い出です。


こういうのって・・・
悲しいというには、なんか複雑な感情が せつなさがあるんですね。
一時代の終わりというか・・・伝説へ・・・というか。

ホントに過去になっていく。
死を境に変わって行くのは、必然だが・・・何か腑に落ちない感覚がある。


長田  
are sure shot?
I rock the sure shot?


一人なのをいい事に・・・夜、爆音でかけまくっちゃいました。

こんな感じになってる人・・・多かったんじゃないかな。


ついでに、
子育て期間の大きなやり残しにも、今更・・・TRY。 2008年もの。

今日、Hill topのお施主様と一緒に、駐車場のライン引きを行いました。
実際に駐車してみて、車の出し入れのしやすさを確認した上で、養生テープを貼り、いざローラーにてコロコロ。
白いラインだけでは、何か物足りない感じがして、サインと同じ色のペンキを何種類か足したところ、今度は、かなりアバンギャルドな感じになっていき・・・。
(途中段階の写真がなくてすみません。)
最終的には、上の写真のような感じで着地しました。
これで、お客様も迷うことなく車をとめていただけると思います。

地面に馴染み待ち。
くまもと
世の中は、GWに入っているようですが、今年は、どうやら事務所には、ヅラ一人のようです。
今では、仲間がいたので、事務所がお休みでも、ひとりぼっちということはなかったのですが。
巨匠たちがいなくなり、残ったのは、 兄歯にゃん築士のみ。(この名前も今となっては少し時代を感じますが・・・)
人の数より猫の数が勝っていた頃が、少しだけ懐かしいです。
それはそれで、困りものですが。
長期休暇中の猫当番も、上の事務所の人がなぜかヅラのことをネコかわいがりしてくれているので、さほど心配いらずです。
くまもと



前のページへホーム次のページへ

ページの先頭へ