プロフィール

一級建築事務所 長田慶太建築要素

一級建築事務所 長田慶太建築要素 ホームページへ
一級建築事務所 長田慶太建築要素 facebookページへ
先週から、「東側にある家」にて、暖炉設置工事を行っております。
今日、暖炉の据付をしたので、ブログにUPしました。
日ごとに寒くなっていっているので、お施主様も竣工を待ち遠しく思っていることでしょう。
暖炉自身も、カタログで見るよりかわいいくて、よい感じです。
個人的にも、とても楽しみです。
ちなみに、昨日は、ここのソマちゃん(ネコ)が、床下に入ってしまって、工事が一時中断したとか(→大工さん談)。彼女も工事が気になるようです。
上記は、仕上イメージ写真です。
こんな風になる予定です。
くまもと
求人募集を掲載したところ、ありがたいことに、多数の応募がありました。

内容:------------------------------------------------------
「設計・現場監理の手伝いできる人を募集します。
男性が良いかと思っております。(屋根に上ったり足場上ったり運んだりするから)

年齢・建築士等不問。
情熱と理性、理想と現実。絵描きではないことだけ理解。猫がいます。

面接にて
HP内のメールか電話:087-834-3489にて問合せ下さい。担当:熊本まで

決して、いい仕事とは言えませんが、対価では計れない物事の連続です。
心の表現が試される数多くの出会いがあるでしょう。」
-------------------------------------------------------------

まだ、引き続き、募集は行っております。興味のある方は、ぜひ、共に。
11月25日(水)をもって一先ず締め切りとさせて頂きますので、よろしくお願い致します。
研修旅行ネタがもう少しだけ続きますが、ご了承ください。
2日目は、旅館を8時過ぎに出発して、まず、宇佐八幡に寄りました。
私は、ひとまず、来月発表の一級建築士の合格をお願いしました。
次に風の丘葬祭場を見学しました。
建物と地形が緩やかにつながっているようで、個人的には、とても好きです。
建物の内部も所々にスリットがあり、外部からの光が入って来て、暗すぎず、明るすぎず、いい塩梅に感じました。
すぐ横に、広場があり、子供たちが野球をしていたのも、葬祭場との垣根が低いように感じ、よいなあと思いました。
帰り道に、小倉でラーメンを食べたのですが、ここのお店、1席ごとに仕切りがあって、入口の表示板で「空席」と表示された番号の席に案内されました。
ラーメンの味に集中してほしいとの意向で、このようなシステムらしいのですが、私は、逆に落ち着かず、
味がよくわかりませんでした。
こんな感じで若干強行なスケジュール(そう感じるのは年のせい?)でしたが、楽しい旅行でした。
くまもと
先週末、香川県建築士会の研修旅行に参加して、
長崎・大分に行ってきました。
金曜の夜、松山からフェリーに乗って、出発しました。
上の写真は、長崎港の様子です。
まず、最初に軍艦島に行きました。
フェリー乗り場では、天気もよく、海も穏やかだったので、軍艦島への上陸ができませんと言われた時は、「えー、なんでやろう?」と納得できなかったのですが、いざ沖合いに出て、軍艦島付近にまで行くと、乗っていた船が45度くらいに傾いたので、納得しました。
残念ながら、私の乗っていた席と反対側から接近したので、右側の写真は、接近した側の人に送ってもらいました。(←ありがとうございます)

お昼ごはんは、長崎名物(今回初めて知ったのですが)のトルコライスを食べました。
左がその写真なのですが、トンカツとピラフとスパゲッティーがひとつのお皿に載っていました。
けっこう、ボリュームがあったのですが、おなかがすいていたので、
がっつりいただきました。


お昼ごはんの後、歩いて長崎県立美術館に行きました。
アプローチにある看板と、屋上庭園が個人的には、よかったです。(←とてもざっくりした感想にすみません・・・)

国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館に行った後、中学校の修学旅行振りに、平和記念像に行っちゃいました。
その後は、宿に着くまで、爆睡してしまいまいした。(運転まかせっきりですみません)
その②につづく・・・
くまもと
尾道の尾のみっちゃん♂が家に舞い込んでから、早4ヶ月。
もう、お兄ちゃんになろうとしています。

顔も変貌を遂げ、まさに野犬・・・と思いきや…最近、なんか少し違って見えてきた。
はたして親はどんなのだろう…。
もしかして!。と思い、色々調べると、こんなことに。

フレンチブルドック  +  豆芝  =  尾のみっちゃん

スターフォードブルテリア  +  パッセンジー  =  尾のみっちゃん

トイ・フォックステリア  +  ローデシアンリッジバック  =  尾のみっちゃん

ファラオファウンド  +  フレンチブルドック  =  尾のみっちゃん

ブルマスティフ  + 芝犬  =  尾のみっちゃん

ミニチュアピンシャー  +  フレンチブルドック  =  尾のみちゃん

ドーベルマン  +  ボストンテリア  =  尾のみっちゃん
  
 尾のみっちゃん顔  +  尾のみっちゃん顔  =  尾のみっちゃん
色んな物の混ざりすぎ  =  尾のみっちゃん
多分これ。
長田

またまた久しぶりに、朝日段ボールの現場日誌をUPします。
既存の倉庫にもサインが入って、新築のNo.1倉庫との関係もいい感じです。
倉庫の南側にも、貝塚が植わり、いよいよ竣工間近です。
今日は、あいにくの雨でしたが、現場で作業を続けてくれている人たちの手によって、だんだん完成していっています。
くまもと
先日提出していた「瀬戸内国際芸術祭」の作品公募のコンペ。

結果から申しますと、落選となりました。残念ですが、「考える」「想う」ということを純粋に見つめた素敵な工程であったと思います。

作品:水灯台「チューブイ」
その場の海水で立ち上がった灯台の制作。
場所・時間ごとで違う-水の色・海草・魚、-その場の水中環境を持ち上げて露呈する。

「切り離せない現実」と「キラキラした強さ」を同時に提示する。
ただ、それを垣間見るだけで見えてくるものはないか、
指標とは成り得ないか。という仮設展示。
ろうそくのように潮の満ち引きで伸びたりちじんだり…。時間によってフォルムも変容する。
そんな海の浅瀬の展示物。

水中で漁礁が連結されており装置としての機能も持つ。

倍率40~50倍という国際コンペとなりましたが、
この経験は色んなことに繋がっていくような気がしております。
見積書も提出書類にありましたので、図面を書き、見積しましたが、一基あたり150万×3というのが、元々現実離れしていたか…。
(定義されていた予算上限250万)・・・。  
長田
何物件かの竣工を向かえ、ようやく新たな物件がゆっくりスタートを切り始めました。
その中の一つ。三角形の土地。
そこから、まず、四角い家を…ではなく、「四角い外部」(庭)をまず引算。優先配置。
三角形の土地。
だからこそ、少しはみ出るその「四角い外部」。=外部+外部の建築に出来るスリット。

それが庭にもたらす、空と土の描く一本の線が庭と家とをぐるぐるぐる。
って感じの家。

今からプレゼンなんでコイツの行く末は不明ですが…。
三角形だから、ああだこうだ、出来る出来ないなんて言わない。思わない。だからこそ。の…。
そんな家になればと思います。

他は随時。    長田

先日の休み。

とある瀬戸内の島にある「プライベートビーチのある民宿」という変わった組み合わせの宿に家族と親父に連れられ、行ってきました。
温泉でもなく、何故か、「露天風呂もその海の海水」というこれも変わった組み合わせ…。
初日は豪雨。帰る日は真冬日。

でも、子供は大喜びなんで一先ずよかった。

そのプライベートビーチでとらえた潜水艦。
かっこいいですよね。なんと言う機能美というか、存在感。
世間的にはフェチとでも言うんでしょうが。

瀬戸内海では、時折見かけますが、興奮してしまいます。
この日も豪雨の中、一人でパシャリ。

長田
前のページへホーム次のページへ

ページの先頭へ