プロフィール

一級建築事務所 長田慶太建築要素

一級建築事務所 長田慶太建築要素 ホームページへ
一級建築事務所 長田慶太建築要素 facebookページへ
夏です。連続UP。虫コレ。
第11弾。

事務所入り口脇に。
木片のような・・・見慣れない物体がペト。


 エイジング処理を施したような古木風。・・・蛾。
技術力が中々やります。
渋みの効いたイカしたセンス感じざるを得ません。
 

「ちょいちょいウロウロ級・ランクA」

長田
虫コレ。ようやく第10弾。
THE フラ~イ君。

事務所でなんか大きい虫が飛んでいる「ブーンカリカリっ」と暗騒音が聞こえるんで、探していると・・・・いる。・・・


3センチほどある。大きい。
蝉かな?   ・・・違う!
アブかな?  ・・・違う!
えっ!
手をスリスリしてる。・・・ハエなんです。
どっからどうみても。

でも、とにかく大きすぎる。
事務所を駆け回り、必死で・・・確保!


ネットで調べてみると・・・少しだけ目撃情報があるが・・・みんな怯えてます。

「そんなのいるの?級 ランクS」贈呈。



同日、「ちょいちょいうろうろ級」枝君。
また、また登場・・・にて、ランクS→ランクBに格下げ。



 長田


宮脇町で施工中(一年半経過・・・)集合住宅・連層長屋、ぐりんど。

上部2層の屋上緑化工事が始まっております。
緑化自体の性能は申し分なく順調と言えるでしょう。
緑化は今までの経験をもとに…植原建設・監督…常務と協議し、
新たな工法にチャレンジしております。
「新たな工法」と言っても・・・実はよりアナログな方法に回帰し、システムと言われるものを採用せず、純粋に土の力に頼った・・・ということ。

難しい斜面法面も非常に順調です。


「緑化の性能がとにかく大切なんです。」
 …と、当たり前のことを… あえて、こう書いたのは、
ここに植え込んでいく、植物たち。。。できる限りデザインしない。
…という方法論、ルールをもって行っております。

― 元々森であったこの場所、裏山の環境をそのまま「呼びこんでくる。」。 ―

鳥や昆虫が運んでくる種、植物が純粋に発芽・成長できる充分な環境を作り出すこと。
どうしても屋上緑化という工法上、一旦、シート状の芝を張らざる負えないが・・・
あえてシート状のそれを基盤として利用した、「これから」への道筋。

植栽は、緑化に特化したものや、庭として綺麗に出来上がる植物を選定することは出来る。また、買ってきたものは、根がきちんと成長しているため、経過が順調なこともわかってはいる。

ただ、この敷地に於いては、
場所性にきちんと寄り添った…人工物のような庭、緑でもない・・・事柄を大切に。
山と道路に分断され、造成を繰り返し、危うくも住宅地として成り立ち続けようとしている「この場所の記憶」とも繋がっていける状況をつくろうと思っている。


 
  初期導入として、
シート芝の隙間隙間に、山に入って採ってきた、小さくも様々な植物を、それが生えていた場所にできるだけ近い 環境へ植え込む。

湿度の高い法面に生えていたもの…
日当たりのきつい場所に群がっていたもの…
 ずっと日陰の場所にも生えていたもの…
植物のつくる陰に、 生えている植物の更に下に生えている植物…。
木々の根本にのみ群生すもの…

木々に関しては、抜くことはできないため、山に入って品種を調査、種の数のバランスを計りながら選定、植栽してます。峰山にはクヌギ、コナラ、カシ、アオダモ、ニセアカシア、が主であることがわかる。上記三種はドングリの木々。
ドングリの木というのも、何種もの木の単なる通称であり、常緑、落葉ですら違い…それぞれ葉っぱの形色、実の形・大きさも違う。


  調査に山に入ると、 森や林というものは、奥へ奥への木々連続だけでなく、上下にも相当数の層状の繋がりで出来ている事にあらためて気付く。、

現況。
現場はこんな状態ですが、ww
ようやく、そこそこ、目途がたってきたと思う。・・・


自然とその場に向いているものがゆっくり成長を続けてくれるでしょう。
そして、いつの間にか山の一部に変わっていく。。。
。。。はず。

山から、一旦抜いて、植栽するというのは、非常に難しく、根まで綺麗に抜けないため、すぐに 枯れてしまうものもある。ただただ、トライし続けます。

完全に日課になってます。これが最近の助手席の常備品。
出社、下山、所々で山に入ります。蚊に喰われます。



植え込みが増えていくと、土が湿度を持ち始め、庭々…が少し涼しくも感じるようになる。
 

空中に浮かんだような…庭々。出来上がろうとしています。
おおっ。おおきな来客。






追記:
山から抜いてきては結構無作為に植えてますが、すべて雑草と言われるものたち。
好きでいっぱい植えてみてるこれ。


「待宵草」マチヨイグサ…
昼間は雑草なだけですが、夕方になると、淡く透明感のある黄色い花を咲かせます。
宵(夕焼け)を待ってるんですね。
植わっている場所では強い草ですが、転植は非常に難しい。


「風知草」フウチソウ…
山の斜面に群生してます。風が吹くとシャラシャラ音がします。
だから、風を知っているということ。


「片喰」カタバミ…「クローバー」…
一般にクローバーと言えば、白詰草ですが、意外と、峰山には自生しているものは少なく、たくさん見かける3つ葉のクローバーは、「片喰」カタバミ。家紋で見かける3つ葉も、白詰草ではなく、「カタバミ」だそう。黄色い小さな花を付けるクローバーがこれ。
夕方には葉を閉じる。・・・ことから、片方の葉が噛まれた・・・が由来だそう。


「露草」ツユクサ…
非常に簡単に植生できる優等生。
朝にだけ青い花を咲かせます。
湿度のある場所に群生し朝露を帯びた時に花を付ける草…ということなのでしょう。


書き出すともっとあるんですが・・・この辺で。

 日々見過ごしている雑草類も深く、面白い。
同時に些細な植物に対しても、その名付けだけで、特徴だけでない情景や思念を思い描くことの出来るような、日本古来の想いの豊かさを垣間見れるんです。

・・・なんかいい気分になれた。

長田


丸亀市飯野町の現場
早朝6:30
なぜか起床済
判断
台風による延期を
経て
コンクリート打設
曇ることにより逆に好条件
重なる
大安
上棟 
W杯決勝

監督さん職人さんお疲れ様です
お施主様おめでとうございます
ドイツ優勝おめでとう

アワタ

先日、お向かいの峰山ハチミツさんで、お昼ごはんにモーニングセットをいただいてきました。
私は、ハチミツトーストのセットをいただきましたが、内野さんのハチミツアイストーストもとてもおいしそうでした。
次回は、そっちを注文しようかと。
 この似顔絵のオーナーさんもちょうどいらっしゃって、楽しいお話も聞かせていただきました。
 店内で気になるものが。
某アウトドアメーカーぽくて、かわいいです。
くまもと
観音寺の住宅の模型を作り始めました。
久しぶりの模型製作で、やや戸惑い気味。
お施主様の乗られている車のミニカーの縮尺に合わせて、1/60スケールで製作しております。
ただ、ひとつ不安材料が。
この間から事務所入りした、メットが、結構遠慮なく模型を作っているテーブルに上がってきます。
メットの危険にさらされながらも、がんばって、作っていきます。
くまもと
最近、事務所にミツバチがブンブン。
それは…
向かいの養蜂場、峰山はちみつさん。


 養蜂だけでなく、はちみつの直売所もあります
今だと、春と夏の季節のはちみつがありましたよ
7月5日のオープンだそうです。
早速行かねば。

はちみつだけでなく、モーニングやソフトクリームもあるそう

 「ソフトクリームの練習をしているので…」と
峰山はちみつさんに練習ソフトクリームをいただきました
ほんのり甘くて美味しい!!!
ありがとうございました。

事務所に打ち合わせに来られるお施主様もぜひ!
今からの季節、峰山公園に遊びに行くときはここでソフトクリームを買っていくといいかもですね!
事務所所員もちょくちょく、休憩がてら、おやつを買いに行く予感です 。

ウチノ

今日のメット
仕事ができません…
帰り際。。。

事務所土間にポトリ落ちてきたコイツ・・・?こいつ等・・・。
虫コレ。9弾。


ただただシンメトリー。

世界遺産の記憶遺産的
・・・・行為の 登録

虫コレ。「はじめてみる気がする級」ランクB

「虫ンメトリーーーー!」(建物探訪の渡辺篤 風)

長田
先日から、事務所に猫が戻ってきました。
過去に受けた猫パンチと、この間の子猫騒動の子猫のかみつきっぷりを見て以来、ノラ猫がちょっとトラウマになっていた私ですが、メット(通称)との距離は、縮めることができました。
事務所の内外問わず、いろんなところで、寝っ転がっています。
先日、ノミ予防の薬をつけて、今日は、アシル動物病院様で、おなかの中にいるかもしれない虫を退治してもらいました。
最初に事務所に現れた時より、ひとつまみ分くらい、かわいくなっているような気がします。
うろうろしているメットですが、一番落ち着くのは、粟田さんの近くにいる時のようです。
イスの下か、キーボードの上に横たわっているのをよく見かけします。
くまもと
前のページへホーム次のページへ

ページの先頭へ